上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昨日CDTVを見ていて、5位に最近サンTVとかでやっている、
「涼宮ハルヒの憂鬱」というアニメのED曲がランクイン
していました。で、思ったのが、最近のオリコン等の順位を
見ているとアニメ系(いわゆるアキバ系?)の音楽関係が結構
TOP10入りする回数が増えてきているように感じました。
やっぱりこういうジャンルの購入層って確実に買う人間が固定数で
決まっているんだろうなぁと思いました。
(その証拠にTOP10に入るのは発売して1日以内とかそんなのが
ほとんどだし…)。
一般のアーティストのCD等は発売日から徐々に順位がUPして
いったり、長命だったりしますね。
まぁ最近は音楽データはCDではなくITMSやLISMOなんかで楽曲のみ
を購入する時代になったのでしょうかねぇ。
ちょっとCD好きの自分には寂しい傾向ですけど…。
スポンサーサイト


















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 nida news, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。